乳首の色あい。コントラスト。

物心ついたころから乳首の黒さに悩んできました。私の場合肌の色が白くその分、乳首の黒さが際立ちます。コントラストがすごいのです。乳首コンプレックスの私にとって、体育でプールのある日などは最悪です。

手でカバーしておくにも限界があり、いずれはさらさなければなりません。それでも水の中に入り、泳いでいると多少はごまかせますし、みんなも泳いでいるので気にならないのでしょうちょっとした安心感があります(こんな感情は普通の人には理解できないと思いますが)。

ただし、水に入る前や出た後、準備体操などの時は嫌なものです。さっさと服を着てしまいたい葛藤の連続です。そんな日々の中ある時気づいたのが、私の場合乳首が黒いのではなく肌が白すぎるのではないかということです。もちろん周りの子たちより乳首が黒いのはまぎれもない事実ですが、それ以上に肌が白いのではないかというふとした疑問でした。

ということで肌を黒くしてしまえばいいということで日ごろから海や川に出かけ肌を焼くことで徐々にコントラストが均一化してきました。作戦成功!!そんなこともあり、ずる休みなどは使わずなんとか義務教育上のプールをやり抜くことができました。

それ以降は上半身を脱がなければならないというようなシチュエーションはそんなにないですし、だんだんとコンプレックスという認識も薄まっていきあまり気にならなくなりました。

SNSでもご購読できます。